第2 オキス&ジンVSテイコウ・勝てる!しかし・・・・・。

テイコウ「ウぬぬぬぬぬぬぬぬ・・・・・・・・・・」

オキス「俺達の攻撃を二つも止めるなんてたいしたもんだぜ!!」

ジン「我は一旦引く!」

ジンは剣を戻し、構えなおす。

オキス「そうだな。耐久勝負をしても意味がない・・・・・・・・・・、」

オキスも一旦下がった。

テイコウ「ふ~~~~~~・・・・・これで俺も攻撃をしやすくなる!」

オキス「そうかもな。だけどこの状況は2対1!どう考えても俺たちのほうが有利だ!」

ジン「御意!」

テイコウ「考えればすだが・・・・・俺は考えない!!」

オキス「は?」

テイコウ「俺の剣技を見せてやるぜ・・・・・・・・・・!」

テイコウは体を揺らす。するといきなり体が消えてしまったのだ!

ビュンッ

オキス「どこに行ったんだ!?体を隠さずに正々堂々勝負だ!!」

テイコウ「俺達の目的はただひとつ!この鉄パイプの場所からお前をダイビングさせる事だ!」

オキス「だからって・・・・・お前には戦うプライドはないのかよ!?」

テイコウ「もう昔の自分のは戻れない・・・・・・・・・・。」

この言葉を最後に気配を無くしてしまう。それは音さえもない静まりきった状態だった。

ジン「主敵はどこへ・・・・・・・・・・?」

オキス「気をつけろジン・・・・・いきなり攻撃してくるかも知れない・・・・・。」

ジン「御意・・・・・!!」

テイコウ「(アイツ等は俺がどこにいるか気づいてぇ・・・・・。ケッケッケ!これは俺のチャンスだ!)」

テイコウはジンの後ろから攻撃を剣でしようとする。しかしジンは気づいていない。

ジン「主敵はどこへ・・・・・?」

テイコウ「ここだよ!」

オキス「まずい!!ジン、敵は後ろだぁぁぁぁっぁああああ!」

ジン「承知した!」

ジンはテイコウの攻撃を間一髪でかわした。

テイコウ「ちっ!はずれたか!さすがに攻撃の瞬間は体が見えるようだ・・・・・。」

オキス「たしかにお前の姿が見えなかったら俺はジンを助ける事ができなかったな。大丈夫だよな?ジン?」

ジン「ああ、大丈夫だ!!」

オキス「?」

オキスの上のポヨが?になる。

ジン「どうしたんだ?」

オキス「ジンが普通の言葉を使っている!?ありえない!これは夢だ!!」

ジン「ああそうか?私はもともとちゃんと言葉を使えるぞ?」

テイコウ「あのさ、おまえ等はそんな話はあとでしてね。今回はお前達を倒さなきゃいけないんだから!」

オキス「そうだっけ?ごめん。驚いたもんで忘れてた。よし!いくぞジン!!」

ジン「わかった!」

オキスとジンは剣を持ちテイコウに近づいていく。

テイコウ「さあ~!もう一回あの剣技を・・・・・・・・・・!」

テイコウはまた姿を消す!しかし今回のオキスとジンには効かなかった。

オキス&ジン「場所はバレバレだ~~~~~~~~~!」

オキスとジンの剣は見事、テイコウの頭に直撃する。この攻撃にテイコウも倒れてしまった。

テイコウ「なぜバレたんだ!?俺は姿を消したのに!?」

オキス「簡単さ!お前が消える瞬間!体の場所の位置はそのままさ!」

テイコウ「たったしかに・・・・・所詮はFクラス・・・・・・・・・・。」

オキス「その言葉前も誰かから聞いたような?もしかしてダークネス帝国のFクラスのチャオは最後に所詮はFクラスって言うの?」

テイコウ「そんな事なないが・・・・・・・・・・。よし!俺はここで負けない!薬を使ってやるぜ!!」

オキス「まさか・・・・・プチ第二形態?」

ジン「何それ??」

テイコウ「ハッハッハァァァァ!俺の第二形態見せてやるぜーーーーーー!」

続く。

このページについて
掲載号
週刊チャオ第131号
ページ番号
52 / 302
この作品について
タイトル
真実の冒険
作者
土星(サターン)
初回掲載
週刊チャオ第107号
最終掲載
2016年11月4日
連載期間
約12年7ヵ月18日